大阪市中央区|通信教育の大阪ペン字クラブ|有限会社書法がお贈りする月刊「ペン字」は、上達が見える格調高い本物のテキストです。 サイトマップ

大阪府大阪市中央区|通信教育の大阪ペン字クラブ|有限会社書法がお贈りする月刊「ペン字」は、上達が見える格調高い本物のテキストです|ペン習字や書道教室も お申し込み・お問い合わせ tel: 06-6222-4089 月~金 AM10:00~PM5:00 AM10:00~PM5:00 土・日・祝 定休(年末年始など臨時休暇あり)
生徒の声
本誌での学習効果 上達法について お申し込み・学習の流れ 資格について
生徒から寄せられた声をご紹介します (仙客書院)
●明智さん ●明智さん

 幼い頃から字を書くことが好きで、ずっと書道を続けてきましたが、普段書いている字にくせがあり、自分の字に自信が持てませんでした。しかし、先生と出会ってから、ペンの持ち方や線の引き方など、基本から改めて学び、少しずつくせが無くなってきました。今までは、手本の文字の形を一つずつ書いて覚えていたので、手本が無いと上手く書くことが出来ませんでしたが、文字造形のポイントを教わり、どの文字にも対応させて書けるようになってきました。手本に頼らず、自分の力で美しい文字が書けるように、これからも頑張りたいと思います。
●社川さん ●社川さん

 正直なところ、母に何度も勧められつつも、長年通う気になれなかったのが、字のお稽古でした。経験者に尋ねれば「一日中黙々と練習して厳しく指導を受け、やっと上達するもの。」と聞き、 社会人になってからでも大丈夫なのか、間に合うのだろうか、という不安がありました。 しかし、このままいつか習おう…と思っていても何も変わらないし、時間も自分でつくらなければないのだと思い、見学させて頂いたのが仙客書院でした。 厳しいのを覚悟で通い始めたところ、あまりの先生の穏やかさと、分かりやすい的確なご指導に驚きました。 仕事帰りにマイペースで通えるのも有り難いです。 まだ始めたばかりですが、一歩一歩着実に上達していきたいと考えています。 そして最終的な目標は、季節ごとに両親や親しい方に、自信を持って手紙を書くことです。 
●豊蔵さん ●豊蔵さん

 以前から文字を書くことには興味があったのですが、実際にお稽古するには至らず月日が流れました。文書はパソコンで簡単に作れますし、私自身とくに必要に迫られなかったからかも知れません。
 しかし現在の職場では手書きする機会が多く、ますます美しい文字へのあこがれが強くなってきていました。
 そんな折り、職場近くの電柱に「ペン習字」の看板を発見。交通の便も良く、早速通うことにしました。お稽古は個別指導なので、とても丁寧に見てもらっています。
 手書きの年賀状を出すことを目標に、恥ずかしくない文字が書けるよう頑張りたいです。
● 大原さん ●大原さん

 前職で障害者の方と接することが度々あり、自分の筆談の字が気になって仕方ありませんでした。引っ越しを機に、字を習いたいと思い教室を探していたところ、仙客書院と出会いました。初めは駅からも近く夜間で通いやすいと思い選んだのですが、教室の雰囲気も良く、毎週お稽古に通うのが楽しみになりました。
 文字の形を図形やパズルの要領で整えるという先生の教え方が、今まで持っていたペン習字の印象と違ってとても面白く、自分でも文字が変わっていくのが分かるので、継続できるのだと思います。
 これからも、楽しく文字の練習に励んでいきたいです。
●水谷さん ●水谷さん

 幼い頃、書道教室に通っていましたが、美しい年賀状や結婚式の芳名録に手慣れて書かれた流れるような文字に憧れ、改めて書道を習いたいと思っていた時に仙客書院を知りました。
 今まではお手本を真似て丁寧に書く練習方法でしたが、先生は文字の特徴をおさえた美しく見せる方法をわかりやすく説明してくださり、文字を書くのがだんだん楽しくなってきました。パソコンが普及する中で文字を書くことが少なくなってきている昨今ですが、美しく書けた時の喜びは大きく、とても大切なことだと感じています。
 今後も先生の細やかなご指導に感謝し、少しでも上達できるよう頑張りたいと思います。
●平山さん ●平山さん
 昔からものすごく字が下手だった私は、社会人として恥ずかしくない程度の字を書けるようになればと思い、仙客書院に通い始めました。
 当初はそういった理由で始めたのですが、続けていくうちに、字を書くこと自体が楽しくなり、気が付けば家で1時間以上も同じ文字を書いていたこともあります。また、色々な工夫の末、いままで苦手だった字が美しく書けたときの喜びはこの上ないです。
 教室でのお稽古では、自分が書いた字の添削があり、問題部分の指摘や改善に向けたきめ細かなアドバイスをいただいています。また、ペンの動かし方や字を美しくみせる技術・コツなども丁寧に教えていただき、非常に満足しています。
●藤田さん ●藤田さん

 毛筆で書かれた手紙を頂いたことがきっかけで、憧れから書を始めました。現在は更なる向上心を持って、公募展覧会の出品作品に取り組んでおります。先生は「書作品は、墨彩画の様であり、音楽の様であり、川の流れの様であり」と、様々な表現で指導されます。お稽古のたびに気付かされることがあり、私の書に対する意識が変わってきました。
 指導は個別でそれぞれ課題が異なるため、将来指導者を夢見る私は知識を得ようと、先生が一人一人に話される言葉に聞き入っております。 
 目標を持つことが出来ましたし、こちらでお世話になって良かったと思っております。 
●永田さん ●永田さん

 美術展など展示会へよく行くのですが、受付で氏名を記帳する時に、前後の方々がサラサラときれいに書かれるのを見て自分の字を恥ずかしく思い、ペン字を習い始めました。
 以前は同系列の別教室に通っていましたが、お稽古日の都合で仙客書院に通うことにしました。こちらでは、ペン字だけでなく毛筆も同時間内に教えていただけるので、かな書も始めました。先輩方の作品を拝見させていただく機会もあり、とても勉強になります。今より少しでも上達するよう続けていきたいと思っています。
●中村さん ●中村さん

 仙客書院に通い出して、6年が過ぎたでしょうか。以前は職場の社員教育のひとつで、毎月テキストを与えられ、自主的に練習し、課題作品を提出していました。ある程度までは級も上がりましたが、しばらくすると頭打ちになって、進級もしなくなりました。「やはりきちんと先生に付いて添削指導を受けないと進歩しないのかな」との思いから、仕事帰りに週1日通うようになりました。ペン字と毛筆共に、それぞれの実力にあった課題を練習でき、あっという間の6年間でした。先生の丁寧なご指導のおかげで、今では展覧会に出品する作品も書けるようになり、感謝の気持ちでいっぱいです。
● 田中さん ●田中さん

 会社への報告書が手書きからワープロに変わりつつある頃、社長への報告書を私に清書させていた上司は、読み易いワープロを頼まず手書きを通していました。その上司から「もっとうまく書けないか」と言われ、習い始めたペン字です。長年仕事に追われていた私の文字は大変読みづらいものとなっていたのです。
 週一回教室に通うようになり少しずつ落ち着いたものとなってゆき、作品展に出品する為、あちこち探した紙にペンを走らせたのも楽しい思い出です。
 今は毛筆に取り組んでいます。六十歳代となり少し体力も落ちてきて惰性に流されたりもするのですが、目標に向かい先生の適切な御指導を頂いて励んでおります。
 そして美しいものを美しいと思える感性や豊かな情緒を育む足がかりにしてゆきたいと思っております。
●岩下さん ●岩下さん

 私は大学で書道を専攻し、教員免許も取得しましたが、卒業後は一般企業に就職したため、筆をほとんど持たなくなりました。そんな中、引っ越しがきっかけで仙客書院を知り、もう一度基本から学び直そうと決心しました。現在は通い始めて一年経ち、自分の字が美しくなっている様を見て、やはり我流ではこれ程の成長はなかったと痛感しています。
 いずれ書道塾を開きたいと考えている私に合わせて、基本から応用まで指導して下さる先生に感謝しつつ、これからもお稽古に励みたいと思っています。
●玉井さん ●玉井さん

 美しい文字を書けるようになりたいと願い教室に通い始めて6年余りがたちました。途中仕事が忙しくなったり、入院したりと稽古に通うのがむずかしい時期もありました。
 何とか今まで続けてこられたのは、先生が真摯に指導してくださったことと、教室の仲間が熱心に取り組んでいる姿を目にすることが励みになったからです。
 おかげ様で、いつの間にか師範にまでに到達していました。資格を取ってからが本当の勉強だと考え、これからもがんばっていきたいと思います。